ふたご手帖
こんにちは。
ふたご手帖プロジェクトです。
ふたごの妊娠は一人を身ごもるのとは妊娠経過の違いから、先が見えず不安を抱えたままの妊娠生活を送る妊婦さんが少なくありません。また、ふたごは概ねひとりだけよりも少し早く、小さく生まれるため、母子健康手帳の身体発育曲線から外れてしまうことで悩むママも多いものです。

石川県立看護大学健康科学講座教授の大木先生が2017年度に発行した「ふたご手帖」と別冊の「ふたご手帖記録ノート」は、2016年度の全国調査のデータを基に、新しいふたごの身体発育曲線や胎児体重表など、ふたごの妊娠・出産・生後1年までの成長や育児に関する情報が盛り込まれています。これは多胎家庭にはもちろん、専門職にも役立つ内容だと、行政の保健師さんや地域の助産師さんからも好評で、「販売してほしい」との声を多数お寄せいただきました。
そこでこのたび、皆様からのご期待にそえるよう、母子健康手帳の「乳児・幼児の身体発育曲線」に携われた加藤則子先生(元国立保健医療科学院)に監修していただき、「ふたご手帖プロジェクト」として販売する準備が整いました。
妊婦さんへのプレゼントや保健指導、出産準備クラス、産後の育児指導、赤ちゃん訪問時、看護・助産学生への指導など、さまざまな場面でぜひご活用ください。
続きを読む